logo_mark.jpglogo_mark.jpg

金沢の宿「おいしい朝ごはん」プロジェクト
主催:金沢市旅館ホテル協同組合

こ だ わ り の 食 材

HOME > 第二章 > こだわりの食材

金沢のおいしいおとうふを朝ごはんでいただく幸せ。

スーパーマーケット全盛のこの時代でも、金沢には昔ながらの“お豆腐屋さん”が今も数多く残っていて、
ご近所で毎朝手づくりで新鮮なつくりたてのお豆腐をいただくことができます。
そんなこだわりの「金沢のおとうふ」を金沢のお宿でいただくという、なんとも贅沢な朝ごはんが実現しました。
各旅館やホテルのそれぞれの心のこもった「おとうふ料理」の一品をお楽しみください。

350-wakimizu.psd

霊峰白山の伏流水でつくられる
沢は、お水がおいしいことでも知られています。お豆腐の80〜90%はお水であると言われていますから、昔ながらのお豆腐屋さんは、白山の伏流水にこだわります。
※イメージ写真

350-daizu.psd

大豆の香りがする豆腐
大豆の粉砕等、多少の機械化はされていますが、基本は昔ながらの製法で、店主自らが手造りしています。新鮮な大豆の香りをお楽しみください。

350-tofu.psd

毎朝作りたてにこだわる
お豆腐屋さんの朝が早いことをご存知でしょうか?冷蔵庫のない時代から、出来たお豆腐をその日のうちにお届けするために、早朝4〜5時から作業が始まります。